多重債務者にお金を貸せないのに、高金利通貨を買うのですか?

円の金利がほとんど無いことに比べ、トルコリラは約17%、アイスランドクローネが15%、南アフリカランドが11%、ニュージーランドドルが8%です。  為替の動きが安定しているという仮定をすれば、この金利を使って儲けない手はない、と考えても当然です。

しかし、安易の高金利通貨を買い持ちにするのではなく、投資する前には、そのリスクについて、十分に研究しておく必要があります。  金利が高いということは、国内のインフレ率がかなり高いことであり、国が多重債務に陥っており、経済的にも良くない状況であることが多いからです。  つまり、金利を高くして、通貨の流通を制限しないと、通貨の価値がどんどん下がってしまう状況にあるということです。

その際たるものが、1980年代から1990年代前半にかけての中南米(特にブラジル)のハイパーインフレです。 最大年間6000%まであったそうですから、ラーメン一杯が500円が1年後には3万円になっているという、ものすごいインフレです。  インフレは通貨価値の大幅低下ですから、金利が高いということは、通貨価値が大幅に安くなる可能性を内包しているということです。

ですから、トルコリラ、南アフリカランド等を取引される場合には、ある程度の覚悟が必要です。  それは、資金が紙くずになるリスクであり、また、取引したくても取引してくれるところが無くなるというリスクです。  

脅かす訳ではありませんが、高金利通貨に投資するということは、多重債務者にお金を貸しているのと同じかもしれません。  

 

多重債務者にお金を貸せないのに、高金利通貨を買うのですか?」への1件のフィードバック

  1. 幼顔のみゆちゃんのテクニックはやばかったね~
    特に後ろに回りこまれて手でコキコキされたのはたまらんかったw
    床が米青子でベトベトになるくらい出しまくったしなwww
    当分おなぬーはする必要ないねぇ(´∀`*)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中